天文道の陰陽師ワーク

 

天文道の陰陽師ワークは、

封印解除・縁切り・除霊・浄霊・祓い・結界など

その時に必要な技を使って、

時には、願いの実現を阻んでいるものをズバッと切ったり、

時には、人生を楽に踏み出せるようにいろいろと整理したり、

その方の引き寄せる世界がガラッと変わってしまうような

とてもパワフルなワークです。

 

最初に、ご要望やお悩みを詳しくお聞きします。

霊障やカルマの解消、封印の解除など、

「本来のご自分」に戻るために、

その時に必要なことをさせていただきます。

お気軽にご相談ください。

 

 

<こんな方におすすめ>

・閉塞感を感じる。

・モヤモヤしているので、すっきりしたい。

・今が転機だと感じている。

・次のステップにすすみたい。

・思いっきり自分らしくありたい。

・人生を変えたい。

etc.

 

※ご要望がまとまってなくても構いません。

 

 

【セッション料金】 25,000円

 

          

※ワーク後、結界付 

※一回のセッションの所要時間は、45分~60分程度となります。

 

※私の陰陽師セッションは、カウンセリングやスピリチュアルガイダンスなど、

お話も含めたセッションとなっております。

 

 

セットコース

 3回セット(週に1回のセッション×3回)

 +フォローセッション30分 

 75, 000円

 

※セットコースには

 期間中、随時サポートが付きます。

 

 

☆セッション方法

まず、スカイプまたはお電話にて、ご要望をお聞きします。

その後、一旦、通信を切って、ワークを行います。

ワーク後、再度こちらからご連絡させていただき、

ご報告をさせて頂きます。

 

 

 

※対面セッションをご希望の場合は、

京都駅近くの和室を借りてセッションさせて頂きます。

 

 

 

お申込みはこちら

 

 

 

 <お客様の声>

Mさま

なんだか最近まで、生まれてきた意味とか、魂の目的とか、ミッションとか、自分なりにすごくまじめに考えていたんですが、今となっては、ま、いいやと、すごくシンプルに思えるようになってきました。

私はしたいことを自分のペースでしてゆけばいいかな、という感じです。

 

Kさま

最初にセッションをお願いした時は、霊障を解消していただきたかったのですが、結局、霊どうのこうのという問題より、自分自身を見つめる機会になりました。これまで自分がしたいことをせずに生きてきたので、最初は駒子さんに「何がしたいんですか?」と聞かれても、自分が何をしたいのか分からず、答えられなかったのが嘘のようです。 

これからは自分を中心に据えて、自分のやりたいことをやりたいようにやって、自分らしく生きていけそうです。

駒子さん、本当にありがとうございました!

 

Jさま

結界をはった3日間、自分自身と話してみてと言わはったので、どーしたら聞けるんやろ~って思ってたら、

いろんな方のブログをみてたら そのヒントみたいなことがみなさん書かれてあってビックリしました。

ハッキリとした答えではないのでこの道に進めてることいろんな方達にお会いして 教えて頂けてることは間違いではないんだなぁって感じました。

あと変化があったというか 私が感じたことかな優しさに包まれているような 穏やか。

イライラすることが そーいえばない‼️

不思議だ、なんでだろ⁉️

(以下省略)

 

 

☆天文道とは、

「天文・気象を観察し、その変異により吉凶を察知する術。律令制では、陰陽寮(おんようりょう)に天文博士が置かれ、天文の観察や異変の際の密奏をつかさどった。」

提供元:「デジタル大辞泉」

 

陰陽師が政治に関わっていたころ、天文道を扱えるのは、一時代に一人、

天文博士のみだったそうです。

その叡智を、現在に合った形で降ろして、

陰陽師の技で活用できるようにしていただいています。

その方の喜びにかなう形で、引き付ける世界を変えてしまうような、強力な叡智です。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

陰陽師とは・・・(リーブスHPから抜粋)

 

陰陽師(おんみょうじ)は、古代日本の官職の一つで陰陽五行の思想に基づいて陰陽道の占いや地相(風水)を行う仕事として始まっています。6世紀の飛鳥時代に聖徳太子が高句麗からの僧に学ぶところから日本に伝えられた大陸伝来の学問から進化したもので、伝来当時には、占い、地相(風水)のほか、天体観測、暦の作成、時刻の管理などを理論的な分析によって予言する有識者(主に学僧)をさしていました。

 

9世紀には、道教と古神道の影響を受け、占術・呪術・祭祀を行い、次第に政権に影響を与えるほどの力を持つようになりました。これらの学問は「天文道」、「陰陽道」、「暦道」として、後に賀茂忠行(かものただゆき)・保憲(やすのり)および安倍晴明(あべのせいめい)などによって世襲され、その並はずれた呪術的能力による実績によりカリスマ的な力を持っていきます。

 

16世紀には安倍家は土御門家となり、福井県の天社土御門神道本庁に移動して活躍を続けた後、江戸圏開発として現在の東京の建設・区画などの地相を手掛けるなど、「土御門神道」としてその陰陽道が広く知られるようになりました。その他民間でも蘆屋道満(あしやどうまん)などのカリスマ陰陽師がいた他、福井の土御門家とともに現在も残っている高知のいざなぎ流など地方での多くの陰陽師が世襲を中心に活動していました。

 

技としては、主に以下のようなものがありました。

 

・九字などの呪文

・文様や呪文を書いた護符

・式神(龍・眷属など)の召喚

・体を動かして行う技である禹歩(うふ)など

 

中世ヨーロッパの錬金術師同様、日本でも最初は律令制度の中にあった陰陽師が民間に広がりだすと、陰陽師を自称し高額な祈祷料を取るエセ陰陽師・僧侶が多く現れ、「陰陽師」という言葉に怪しいイメージが付きまとうようになってしまった背景があります。

 

リーブスでは、陰陽師の技の中でも錬金術にも通じる「天文道」、「陰陽道」を主に使って、行っているだけでもワクワクしてくるような天・空・地に繋がる技を伝授・指導しています。

 

詳しくはリーブスHPをご覧ください。